聖セバスチャンや他の聖人と栄光のマドンナ – パオロヴェロネーゼ

聖セバスチャンや他の聖人と栄光のマドンナ   パオロヴェロネーゼ

このキャンバスヴェロネーゼは、Elizabeth Soranzoの委託を受けたSan Sebastiano教会の主祭壇用に作成されました。マドンナと子は王座のように雲の中に座っています。彼女は音楽を弾く天使たちに囲まれています。彼らの姿は柔らかい金色の輝きで覆われています。山の光の反射は、作者がキャンバスの下部に置いた聖人に当てられます。この光は周囲の暗い風景から彼らを奪い、それらを聖母マリアの栄光の一部にします。

「栄光のマドンナ」はヴェロネーゼによってマネリズムのスタイルで書かれています。輝く色、大胆な対照的な色調、調和のとれたポーズ、および人物の明確な輪郭 – これらはすべてマンネリズムのしるしです。その時までにすでに確立された伝統に従って、芸術家は何人かの聖人に彼らの顧客に似た肖像を与えました。

例えば、アレクサンドリアの聖キャサリンの隣に立っている聖エリザベスでは、現代人はこの祭壇画の所有者であるエリザベス・ソランツォを容易に認識することができました。そして、聖セバスチャンの肩の十字架にほとんど触れている聖フランシスコは、Stsの修道院の学長であるBenedetto Torlioniに他なりません。ジェローム



聖セバスチャンや他の聖人と栄光のマドンナ – パオロヴェロネーゼ