聖セバスチャンの祭壇 – ハンス・バルドゥン

聖セバスチャンの祭壇   ハンス・バルドゥン

ドイツの画家、グラフィックアーティスト、ハンス・バルドゥンがデュラーのワークショップで働き、彼の影響を受けました。彼は完全な成長で描かれている、裸体画を描いた一連の絵を書いた。Hans Baldungの絵は、イタリアのルネサンスの巨匠の作品に似ていますが、しかし、北ヨーロッパの芸術の固有の剛性を持っています。人間の肉の弱さをテーマにした道徳的なBaldungは、「少女と死」のプロットで彼の魅力に表情を見いだしました。Hans Baldungはまた、神秘的な気分で聖書の場面を描きました。

彼の人生の最後の年で、Baldungは裸の人体のイメージへの興味を発見しました。芸術家の主な作品はフライブルク大聖堂のイコノスタスです。Baldungaのデッサンそして木版画では明るいハイライトの対照によってライトおよび影を伝達する特別な方法を作成した。



聖セバスチャンの祭壇 – ハンス・バルドゥン