聖セバスチャンと聖妻 – Georges de La Tour

聖セバスチャンと聖妻   Georges de La Tour

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールは、 “おしっこの世界の絵画”のジャンルで彼の作品を書いた有名なフランスの生活書記、です。このアーティストの作品のために巨大な様々な画像、素晴らしい色、壮大で重要な人物を描くためのジャンルペインティングの能力によって特徴付けられます。

彼のキャリアの初めに、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールは、XVTI世紀の前半に働いていたカラヴァッジの方向性に加わった。彼らは宗教的な主題を家庭の土に移したという点で他の画家とは異なっていました。たとえば、カラヴァッジストのスタイルでは、アーティストは「シャーピー」、「フォーチュンテラー」を描いた。La Tour – 率直で、本物で誠実な感情の芸術家、彼は一種のライティングテクニックを所有していました。彼の絵画は非常に短い一般化された形の存在と芸術家の創造的なスタイルを区別した燃えているろうそくの効果のために認識可能です。

30代から40代の間、最大の創造的成長の時代の間に、ラ・トゥールはますますジャンルの主題に目を向けなくなり、宗教的なテーマについての絵を主に書いています。聖書の像は芸術家に人類の多くの問題、すなわち誕生、人生、忍耐、思いやりそしてそして最後に死をより広く照らす機会を与えます。その一例は、絵画「聖母の育て」、「聖ヨセフ大工」などです。この時代のラ・トゥーラの作品には、厳格さ、建設的な明快さ、明快さ、構成の確実性、滑らかな均衡のバランス、完璧なアウトラインの完全性静的です。

絵画「聖セバスチャンと聖なる妻」 – ラ・トゥールの後期作品の一つで、彼は彼の性格に永遠と超平和の特徴を与えています。完璧な姿をしたアンティークの彫刻のようなセバスチャンの像が前景に描かれています。この物語に目を向けた多くの芸術家とは異なり、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールは殉教の象徴として彼の体を貫通する唯一の矢印を示した。このテクニックはルネサンスの達人から芸術家によって借用されました。そして、それは古典主義の主張の時代のフランスの画家にとって理想的な役割を果たしました。彼の時代の偉大な画家の一人であるジョルジュ・ド・ラ・トゥーラの作品は、後世の芸術家たちの態度や作文の仕方の形成に大きな影響を与えました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

聖セバスチャンと聖妻 – Georges de La Tour