聖ステファンの殉教 – ジョルジョ・ヴァザーリ

聖ステファンの殉教   ジョルジョ・ヴァザーリ

絵画の芸術家、建築家そして美術史家のヴァザーリは、自身がマネリズム、すなわち、ルネサンス時代の後継となった芸術の信奉者であることを証明しました。聖ステファンの石を描いたこのキャンバスのキャラクターのまねと動きは表現に満ちています。

群衆の中に立っている拷問者たちは彼らに石を投げかけて聖人に投げつけました、そしてスティーブンは空に目を上げて腕を広げて、情熱的に祈りました。聖人の啓発された顔は、憎しみによって歪められた異教徒の顔と対比されます。行動と精神的なメッセージの衝突は仕事の中で特定の緊張を引き起こします。

彼らの姿勢と身振りのために、キャラクターの細長くて柔軟な体は複雑な、時には気まぐれなパターンを形成します。そして、彼らは線と色の表現力を求めて努力していました。これらの巨匠の芸術は主に祈りの共感で目覚めるように設計されていました。

スティーブンの外観は絵を見ている人の視線を引き付けたが、それに描かれたすべてのものが無関心を残すことはできませんでしたが、右下隅に、ヴァサリは何が起こっているのかを示す若者を配置しました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

聖ステファンの殉教 – ジョルジョ・ヴァザーリ