耳の後ろにタッセルを持つ自画像 – Orest Kiprensky

耳の後ろにタッセルを持つ自画像   Orest Kiprensky

新しい仕事には新しい芸術形態が必要でした。描画と輪郭が主であり、色と照明が重要ではなかった古典主義とは対照的に、明暗の複雑なゲームが現れ、シャープなグレア、大きなカラー効果が現れました。

初期の「耳の後ろにブラシを使った自画像」の中で、主なことはその過程におけるウィザードのストレスの状態を伝えることでした。目の白は輝き、口はきつく圧迫されていて、非常に暗い顔に明るい斑点があります – すべてが異常で新しいものです。



耳の後ろにタッセルを持つ自画像 – Orest Kiprensky