羽田クロッシング、バンテン保護区 – 歌川広重

羽田クロッシング、バンテン保護区   歌川広重

この彫り込みでは、広重は反対意見を計画に対比させるのと同じ方法を使い、船頭の脚と腕を最前線に向かって鋭く押します。広重はこの地域の最も特徴的な動機を選択します – 玉川を渡る旅客を運ぶ船頭;シートの右側に乗客の1人の帽子の端があります。羽田 – 羽田のワタシで有名なフェリーです。

彫刻の左側には幸福の7つの神のうちの1つであるBenzeithenが主な神である弁天神社の領土が示されています。Benzaithenは音楽、雄弁、富、知恵そして水の女神と考えられていました。Benzaithen聖域はしばしば海の中や川の上の浅瀬に建てられました。羽田地区も例外ではありません。広重の時、ここにビーチがありました、それは聖域が置かれた羽田湾の海岸の一部でした。遠くには房総半島の山々が見えます。現在ベイのこの部分は覆われています。

Bentenの聖域の場所で高速道路を通ります。彫刻の初期のバージョンでは、前景の波紋が水色の輪郭でハイライトされていました。それ以降の版では、牛は濃い青色を帯びて青い地平線に変わるので、それらはそれほど区別されません。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

羽田クロッシング、バンテン保護区 – 歌川広重