美島の朝の霧 – 安藤広重

美島の朝の霧   安藤広重

北斎の風景は、日本の古典画や18世紀の浮世絵と共通点がありますが、同時に根本的に異なるものです。古典的な極東の風景は、本質的に、描かれたものの本当のイメージを無視し、自然の形を通して宇宙の存在についての哲学的考えを具体化しようとしました。北斎の景観の具体性は18世紀のそれとは異なります。そこでは、自然のイメージは善意と幾分不器用な地形学的研究を超えませんでした。

北斎は常に人生からスケッチしましたが、作品を制作する過程でそれらを作り直し、自然の一般的なイメージを作り出しましたが、古典的な絵画のように投機的なものではなく、特定の動機に基づいていました。彼の風景の多くは象徴的です。それでも魂の体現として認識されている「赤富士」の最も有名なシートの1つを思い出すことで十分です:日本。しかし、北斎の作品のほとんどは純粋に風景ではありません。むしろ、それらは風景やジャンル絵画の危機に瀕しています。これは、作品の意味的アクセントのように、構成の決定にはそれほど影響しません。

彫刻では、北斎自然は人々の活動的で活動的な生活が流れる環境として機能します。自然のイメージは自己価値のあるものではなく、それは現実の日常生活の重要性を強調することになっていました。



美島の朝の霧 – 安藤広重