羊飼いの礼拝堂(ポルティナーリの祭壇) – Hugo van der Goes

羊飼いの礼拝堂(ポルティナーリの祭壇)   Hugo van der Goes

北部ルネッサンスの主人公であるHugo van der Goesは、その細部を含めて周囲の世界を彼の作品に反映させることができ、同時にルネッサンスに固有の高さからの画像を見ることもできました。

芸術家は彼が描いた人々の内なる世界に本物の興味を持っていました、そして描写された品質は本質的にルネサンスでした。祭壇は幼児キリストへの羊飼いの崇拝に捧げられており、脇には寄付者がいます – Tommaso Portinari、彼の妻Maria Baroncelli、彼らの子供たちと聖人、そして扉の裏側には受胎告知書があります。イタリアのTommaso Portinariは、ベルギーのブルージュにあるメディチ銀行の事務所を率いて、フィレンツェのSant’Egidio教会のためにこの祭壇を注文しました。祭壇の大部分は広大な空間で、その中心には幼児キリストがいます。聖母、ジョセフ、そして羊飼いたちの姿と比べて特に小さく見えます。

この場合、イタリア人の主人公は彼の変わった起源を強調するためにふくよかで大きい子供を描くでしょう、しかしオランダの芸術家は人生の現実に忠実である、それで、足 小さな、感動的な子供の形で世界にやって来た神を描写して、芸術家は仕事のための特別な雰囲気を設定しました – 愛情。ここには誰も公然と動かされていないので、この気持ちは彼には微妙に表現されています。

しかしジョセフの髪の毛は興奮して滑らかにすることができなかったが、羊飼いが幼児の前でお辞儀をする衝動によって、彼の手が熱心に祈りの中で散らばって散りばめられた。そして、失礼で下品な顔をした羊飼いのうち、ひざまずいて祈りながら手を組むことができなかった羊飼いのうちの1人だけが、何が起こっているのかを見て、文字通り彼の口を驚かせました。芸術家はこれらの細部に注意を払っています。前景の花瓶の花、部分的に崩れた、そして刺繍された天使のローブ、そして背景の美しい光に満ちた風景のように、絵画の雰囲気を作り出します。1483年に海を渡る祭壇がフィレンツェに運ばれたとき、彼は彼を見てイタリアの絵画に大きな影響を与えた人々を襲いました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

羊飼いの礼拝堂(ポルティナーリの祭壇) – Hugo van der Goes