綾瀬川「鐘のついた鐘」 – 歌川広重

綾瀬川「鐘のついた鐘」   歌川広重

澄田川は千住大橋から東に流れ、その後南に向かい綾瀬川が流れています。それは川のこの部分が見る人に開かれています。町の人々は春にアヤセガヴァのほとりに行きました。ここで彼らはイヴェタミを賞賛し、セミの歌を聞いた。これらの場所は、シルクアカニアの木、Nemunokiの開花でも知られていました。

前景には、広重の彫刻がアカシアの花を咲かせていましたが、実際には反対側の土手に木が生えていました。綾瀬川とSumidagavaの合流点の南には、Kanegafutiという地域がありました。その名前は18世紀の半ばに発生した物語に関連付けられています。ハシバのテセジ修道院から反対側の銀行が1735年にキャストしたベルを運びました。川の真ん中でボートはひっくり返り、鐘は沈んだ。川の底からそれを手に入れようとする試みはすべて失敗したままで、この場所は “Bell-tiboon”と呼ばれるようになりました。

千住大橋の北側には、木材を売っているお店がたくさんあり、いかだで運ばれていました。前述のように、シリーズの後の版では、彫刻のカラーサウンドが強化されています。これはこのシートにも当てはまります。左側の彫刻の前端にある木の幹は、川のいかだのように濃い灰色になります。上端のストリップはほぼ黒くなります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

綾瀬川「鐘のついた鐘」 – 歌川広重