絞首刑執行人の家 – ポール・セザンヌ

絞首刑執行人の家   ポール・セザンヌ

「……1860年代の終わり – 1870年代の始まり – 印象派の空想の探求の時代。これは日光が変化する野外での絵を描くことに魅了された時代です。1870年代初頭の印象には2つの翼がありました。クロード・モネが率いるグループは、明るく、よりお祭り気分が明るく、そしてエドゥアール・マネはセーヌ川のほとりでアルジャントゥイユに取り組むようになった。

ポントワーズで働いていたカミーユピサロ、周りに印象派のもう一つの傾向が発展した。ピサロはモネよりも拘束されていて、モネが書いたヨットの白い帆で太陽の下で輝いたセナよりも、精巧な構図と堅固な造形が求められるモチーフとなっています。当時のセザンヌはピサロの学生と信者となり、その風景は彼の作品の中で重要な場所を占めていました。

風景「吊り下げられた男の家」はセザンヌの作品の中で最も印象的であると考えられています、有名なコレクター、カウントDoriaによるその購入の物語はA. Perryushoによって言われます。この絵には、初期の芸術家の作品を際立たせるような黒い色や濃いペースト状の色はありません。南のネイティブのセザンヌの対照的な照明とは全く違って、散乱された日光は地球の明るい色と青い空の間の関係によって伝えられます。

遠くを見渡す丘のモチーフは家そのものと同じようにピサロを思い出させるかもしれません、しかしCezanneは、親切に働いているとき、自然と一人で感じていました、そして彼は完全に本当の人間居住と快適さの精神を欠いていますピサロの田園風景…」



絞首刑執行人の家 – ポール・セザンヌ