紅海を渡る – Agnolo Bronzino

紅海を渡る   Agnolo Bronzino

すべてのアカウントで、これはEleonora Toledoチャペルで保存されているものからBronzinoによって最も印象的なフレスコ画です。また、「紅海への移行」は、この分野でのマスターの最も大規模な作品の1つです。礼拝堂の中の絵の作業は1540年に始まり、5年間続いた。

トレドのエレオノーラの聖歌隊は、かなり小さい部屋です。その壁はすべて絵画で覆われています。これは、芸術家の間で非常に人気のあるテクニックです。礼拝堂の天井には、ブロンズィーノが大天使のミカエル、聖ヨハネの神、聖ジェローム、アッシジの聖フランシスコが描かれていました。全能の大天使ミカエル、使徒ヨハネ、そして教会の父の一人からアッシジの「近代的な」聖フランシスコまで、4つの異なった「種類」の聖性を表現するはずでした。

チャペルの壁には旧約聖書の場面が描かれていました。これらのフレスコ画に加えて、芸術家は礼拝堂のための祭壇画を油で塗りました。生き残った記録はフレスコ画「紅海を渡る」が1541年9月から1542年3月の間に作成されたことを示します。それに対する計画は、エジプトからの彼らの脱出の間のユダヤ人の奇跡的な救済の有名な聖書の物語でした。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

紅海を渡る – Agnolo Bronzino