窓辺の女 – アンリ・マティス

窓辺の女   アンリ・マティス

初めて、マティスは1917年にニースに到着し、すぐにこの街に恋をしました。芸術家は地元の光に強く魅了されました – 「その輝きにもかかわらず、柔らかくて薄い」。マティスはかつて彼の友人の一人に告白した。「この世界の真ん中で目が覚めることができたことに気づいたとき、私は幸福で死ぬ準備ができた。パリから遠く離れたニースだけで、すべてを忘れて平和に暮らして自由に呼吸する」 。

マティスの作品の全期間のおかげでニースにとどまる – 最も実りあるものの一つ。ここで彼は50以上の彼のオダリスクだけでなく、1923 – 24年のThe Woman at the Windowのような多くのホームシーンと一連の窓からの眺めを書いた。彼はこの町に永住権を持っていませんでした。彼は多くのホテルを変えました、しかし、彼はそれらのうちの1つを特に好きでした – 「コートダジュールのホテル・デ・ラ・メディテラネ」。「私はここに4年間滞在しました」とMatisseは思い出しました。

彼は自分の部屋の天井がイタリアのタイルで並んでいて、まるで劇場のランプからのように、下のカーテンからの光が部屋の下から入り込んでいるという事実を気に入っていました。「それは信じられないことでした、そして我々は再びマスターを引用します、そしてそれは不合理だった、そしてそれは素晴らしかったです」。



窓辺の女 – アンリ・マティス