秋のポプラ路地 – ヴィンセントヴァンゴッホ

秋のポプラ路地   ヴィンセントヴァンゴッホ

この絵は1884年10月末に描かれました。ゴッホが彼の兄弟に手紙を書いたように、その年の秋は異常に美しいものでした。芸術家はこの時期に大好きでした。彼は永遠の秋があるであろう土地に行きたいと言った。

かなり大きなキャンバスに、ゴッホはポプラの路地を遠くに広げて描いた。対称的な閉じた構図は厳粛さの雰囲気を作り出し、視覚的にポプラの高さを高めます。木の滑らかな構造は、路地の端に見られる小さな農民の家に行きます。家の右側の前景には、ゴッホが黒いドレスを着ている未知の女性の姿が描かれていた。彼女の悲しみは悲しみの一般的な気分を高め、それがこの写真を際立たせています。

真っ黒な影も黒で書かれていて、木から地面に落ちています。しかし、キャンバスの上部には、明るく、はるかに楽しいトーンが主流です。空の鮮やかな青い色は、濃い黄色の冠と対照的です。太陽のまぶしさは、落ち葉や女性が歩く地面で再生されます。

1枚のキャンバスに悲しみと喜びのムードを組み合わせて、アーティストは秋のムードを伝えることを試みました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

秋のポプラ路地 – ヴィンセントヴァンゴッホ