私は、ピカソ – パブロピカソ

私は、ピカソ   パブロピカソ

世界で最も高価な絵の一つで、その価格は1989年までさかのぼってプライベートコレクションで購入されたときにサザビーズによって決定され、そして約4800万ドルに達し、創造性の初期に書かれました。パリの最も貧しい地区に住んでいた生々しい手段を必死に必要としていた若いピカソは、キャンバスに自分の肖像画を作成し、後で高価な絵画のランキングで11位を獲得することになりました。

最も明快でない視聴者でさえ、すぐに自画像の特徴的なスタイルを認識するでしょう – これは印象派です。若い頃、ピカソはまだ彼自身の書き方を模索している段階にありました、そして、若くて大胆な人が印象派の自由思想家の仕事によって誘惑されたことは驚くべきことではありません。

肖像画は、ハーフトーンがほとんどない明るいパレットで実行されます。ピカソのストロークは自信があり、幅が広いのでボリュームを獲得しているようです。絵の色は官能的な表現とほとんど目に見えるエネルギーに恵まれています。その上の若いピカソはそれが彼の肖像画の仕事の将来的には稀であることをよく認識されています。

自画像は、他の印象派の絵画と一緒に、展覧会Vollaraで発表し、そしてすぐに観客によって注目されました。しかし、若いパブロの才能を認めた批評家たちは、それでも画家がしたように、芸術における彼ら自身の道を探すことを強く勧めました。半年以内に、彼の創造性の「青い時代」がやって来て、世界に楽しい不滅の傑作を与えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

私は、ピカソ – パブロピカソ