神田地区ダイアーズクォーター – 歌川広重

神田地区ダイアーズクォーター   歌川広重

神田地域の江戸時代の初めに、商人地区の近くに職人地区が形成されました。彼らは職業によって共有され、各四半期は特定の職業の名前を付けた。住居にはコンヤテが布を染めました。四半期の北部ではAizomegava川が流れました。

おそらく、その名前は職人がここで彼らの生地を洗ったという事実から来ています。彼らの仕事は、生地に濃い青の飾りをつけることでした – aizo-me。染色後、布地を屋根の上で乾燥させた。そのような光景は江戸の象徴の一つでした。広重の刻印では、帯状の布の間にConyate Quarterが見えます。遠くには、緑の真っ只中に、江戸城の展望台があり、左側には富士山があります。布の白い縞の上に – 象形文字「魚」 – シリーズの出版社の名前の最初のもの。他の人では、Hiroshigeアザラシはひし形の形をしており、2つのカタカナ文字が結合されています。

左側の生地カットは浴衣生地です。右側にはタオルバンドがあり、これもヘッドバンドとして使われていました。後の版では、生地の青い縞の色は濃い青から淡い青への移行を獲得します。水平線上の赤い縞は、上端のボッチストリップのように幅が広くなります。



神田地区ダイアーズクォーター – 歌川広重