神殿への聖母の紹介

神殿への聖母の紹介

アイコンには開いた門と上げられたベールが付いたエルサレム神殿のユニークなイメージがあり、ファサードの木々は楽園を象徴しています。当時は珍しいのは、建物の丸い窓の左側に立っている横顔の写真です。

1563年から1564年までのヤロスラブリの変容修道院の救世主大聖堂のフレスコ画、そして間違いなくヤロスラブリ起源のアイコンの中で、人物の構成、図、比率、顔のタイプは最も類似しています。

優れた保存、希少でユニークな図像の細部の存在、Yaroslavlアイコン絵画の特徴的な特徴の表現の明るさは記念碑に重要な芸術的、歴史的、文化的および博物館的価値を与えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

神殿への聖母の紹介