神の母とメアリーマグダレン(ピエタ)と死んだキリスト – Agnolo Bronzino

神の母とメアリーマグダレン(ピエタ)と死んだキリスト   Agnolo Bronzino

彼の初期の仕事で、Bronzinoは彼が後でしたほど大胆にではなく、キリストの死のテーマを解釈します。マルジ・マグダレンと神の母の顔は、例えば「十字架からの脱走」のように「優雅に悲しい」とは言えませんが、真の悲しみでいっぱいです。

イエスの肋骨の間には、非常に現実的な方法で描かれているローマの兵士のやりからの傷があります。そして、Bronzinoが救い主の体を書いたまさにそのポーズは、ひどい拷問の後に死んだ男のポーズです。そのような死んだキリストのイメージは、16世紀初頭までに発展してきた絵画の伝統にもっとよく一致しました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

神の母とメアリーマグダレン(ピエタ)と死んだキリスト – Agnolo Bronzino