祝福キリスト – フェルナンドガレゴ

祝福キリスト   フェルナンドガレゴ

16世紀末の15世紀末の多くのスペインの絵画のように、「祝福のキリスト」はプラド美術館の壁にその正当な場所を取る前に長い旅をしました。この作品はペドロ・デル・カスティーリャからサンロレンツォデルトロの教会への贈り物であったことが知られています。ドンペドロがそれぞれ1492年に亡くなったので、この贈り物はこの時間の後に与えられることができませんでした。

作品の芸術的な分析によると、絵画はガレゴの成熟の時代に1480年から1490年の間に描かれたという。ゴシック様式の開口部のアーチ、寓意的な人物像、そして作品全体の色彩の範囲からも明らかなように、芸術家はキリストのイメージを解釈する上でゴシック様式の伝統を守ろうとしましたが。そして同時に、それは確かにスペインの作品です、しかしそれが芸術家がどこでそして誰から勉強したか知られていませんが。

イエス・キリストは寓意的な人物に囲まれた王座に座り、その像の中にガレゴは微妙な象徴を置いています。救世主は緋色の装いで描かれ、複数のほぼ彫刻的なひだを形成しています。彼の右手は祝福のしぐさで育てられ、彼の左は高い十字架を持つ透明な水晶玉を握り、神話上の翼のある獣は彼の足元にあります。

カトリック教会は聖餐式の聖杯を持っている花輪の中の美しい若い女性として描かれています。それは十字架とペナントがそれを振って戴冠しているスタッフにかかっています。反対に、シナゴーグは黄色い服を着た神経質で壊れた人物で、黄色いペナントを持った壊れた杖の上にあります。彼らの側には、一方では祈りの中で手を組んでいる天使がいます、そして他方では鷲がいます。

作品の色は赤と金の色合いが主体です。寓意的な数字で冷たい開口部はさらにイエス・キリストのイメージの残りの部分に私達の注意を引きます。1907年にブリュッセルで開催されたゴールデンフリース展覧会のカタログによると、その後作品は個人のコレクションで保管され、1913年にこの作品はPablo Boschによって購入され、Prado Museumへの贈り物として贈られました。



祝福キリスト – フェルナンドガレゴ