砂漠のキャラバン – アルベルト・パシーニ

砂漠のキャラバン   アルベルト・パシーニ

連想的思考で観客と遊び、最初に「砂漠」という言葉で頭に浮かぶ言葉を提案すると、もちろん、答えの中にキャラバンが発生します。結局のところ、太古の昔から、人々は喉の渇きや剥奪に耐えることを学ばなければなりませんでした。イタリアの芸術家Alberto Passiniが砂漠の中のキャラバンの1人を捕らえました – 自然からであろうと記憶からであろうと – これはもはやポイントではありません。

知られているように、オアシスは砂漠 – 植生と生命を与える水分がある場所で発見されています。写真では、キャラバンがようやく遭遇したのはそんなオアシスだったと思います。それはそこから馬に水を供給するのは危険であるという事実は言うまでもなく、さびた水のほんの汚れた水たまりはほとんど人間の渇きを癒していないです。キャラバンは少し離れて見られるので、あなたは芸術的な細部を注意深く見なければなりません、それらをより綿密にそして注意深く見なければなりません。

たくさんの馬とラクダが混ざっています。キャラバン全体に渡って、2つの天蓋が堂々と揺れています。見事な天国の紺碧は、素早い雨を約束するものではなく、今後の道はまだ長くはありません…


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

砂漠のキャラバン – アルベルト・パシーニ