砂漠のささやき – Nicholas Roerich

砂漠のささやき   Nicholas Roerich

仏弥勒を尊重し、待つこと、しかし「秘密の洞窟の中」ではなく、現場でのキャラバンドライバーの親しみやすい会話の中で、「砂漠のささやき」の絵のテーマです。

その中で、Nikolai Konstantinovichは、遠征日記に記載されている、旅の中で最も頻繁に遭遇するシーンの1つを捕らえました:「キャンプを囲む高い鋭い岩。彼らの滑らかな表面に巨大な影赤い火の中で10本の指がすべて輝いている。何かが喜んでいると言われている。シャンバラの広大な軍隊を考えて…」

夜の青、山のふもと、「世界の火」の近くにキャラバンが集まっていました。その中で、ラダキス、チベット人、モンゴル人、そして誰もが、ローリッヒが書いているように、砂漠の沈黙の中で身につけた彼自身の物語を持っています。

炎は浅黒い肌、天候にさらされた顔、個々の人物像、真っ黒な影に尖ったテントを急落させ、岩の休眠角のあるヤクのシルエットを繰り返します。これらすべては、遠くの山々にあふれている幽霊のような月明かりと組み合わされて、ボッシュとブリューゲル・ザ・エルダーのシーンを彷彿とさせる素晴らしい、素晴らしい絵を作り出します。

ホタルによって “ホタル” – 話す、笑う、ささやく。静かでゆったりとした会話。日常生活の話題は、親密な話でそれらの中に散在しています。彼らは素晴らしい石、シャンバラの無数の戦士、悪に対する正義の勝利について語っています…そして予想される奇跡のしるしとして、赤い馬に乗った燃えるような騎士がテントの黒い背景に現れます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

砂漠のささやき – Nicholas Roerich