睡蓮 – クロード・モネ

睡蓮   クロード・モネ

パリ北西部のジヴェルニーにあるクロードモネの家の近くにある睡蓮の池は、後に続く芸術家の絵画の主な動機となりました。キャンバスは池の表面を映し出し、それ自体が世界となり、自然への没入感を喚起します。水面の光の構造の変化を観察すると、クロード・モネはスケッチを抽象化するようになりました。

絵画はモネの生涯の間に十分には評価されていなかった、そしてそれらがある芸術評論家によって1950年代に改訂されたとき、何人かの批評家は彼を抽象表現主義の前身と考えた。適切な明るさと暗さを表示するという彼の探求の中で、モネは常に一度にいくつかのキャンバスに取り組んでいて、激しく照明の変化に従っていました。彼の同時代の人々の驚きにもかかわらず、彼は熱心に描いて、現在のすべての傾向に注意を払っていませんでした。

モネの人生の最後の数十年間では、ジヴェルニーで彼のお気に入りのウォーターガーデンは強迫観念と強迫観念の研究の主題でした。彼は1900年を通して彼の死まで250回ほど同じ風景を描いた。結局、池は彼の唯一の創造性の対象となりました。彼はジヴェルニーに引っ越してすぐにウォーターガーデンの建設を始め、地元当局に近くの川から水をそらすよう請願しました。その結果、風景は完全にモネの発明であり、彼は彼の創造的な焦点とインスピレーションとしてそれを使用しました。

水の表面はユニークにJavernyのモネの作品に環境の光と雰囲気を反映していました。絵から空が消え、緑豊かな葉が地平線までキャンバスの上を覆い、橋の装飾的なアーチが空間を埋めました。私たちの注意は絵そのものに焦点を当てており、絵に詳細に提示されているものではなく、それを強調し続けています。後の作品では、モネの池やユリがますますキャンバスの空間を埋め、水の表面に花が点在しています。

水に浮かぶ睡蓮の葉とその水中での反射は、実際の物体とそれらの鏡像との区別を光を使ってぼかします。モネは常に考え、その自然な表現の中で断片化された形を見ることに興味を持っていました、そしてそれを彼はキャンバスに彼のブラシで表現しました。「オブジェクトは私にとって重要ではありません。オブジェクトと私の間にあるものを再現したいのです。」彼の人生の終わりに向かって、正しい光と影への彼の激しい努力の結果として、彼は彼の絵画から主題を取り除き、その結果として抽象芸術が生まれた。



睡蓮 – クロード・モネ