睡蓮の池 – クロードモネ

睡蓮の池   クロードモネ

1890年、モネはジベルニーの小さな町に家と土地を買い、彼の家に池を作り、日本で注文した種からスイレンを育てることにしました。

このような計画の起源は、日本の芸術に対する、そして特に1870年以降ヨーロッパで広まった広重と北斎の彫刻に対する芸術家の大きな関心と愛に関連していました。庭は2エーカーほどを占め、その一部は道路を横切って伸びていました。近くには小さな池がありました。モネは1893年に隣接する土地と共にそれを買いました。

モネは、池の再編成を許可するために県に向けて、「目のためのごちそうと絵のための動機のために」それが必要であると書きました。地方自治体から許可を得て、彼は水門を通して、近くのエプト川からの水をそこに流すことを可能にして、それをウォーターガーデンにそれを再配置しました。池の周りに、彼は花と低木を植えました:地元の起源の一部 – ラズベリー、シャクヤク、ヒイラギ、ポプラ。エキゾチックな植物の一部は日本の桜、ピンクと白のイソギンチャクです。道路の反対側と池の周りに広がる庭園は、エキゾチックでロマンチックな印象を与えました。

彼の計画では、モネはジベルニーをしばらく訪れていた日本の庭師の助言に従った。池には睡蓮が浮かんでいて、庭には登山道と交差する道の迷路が点在していました。1899年の秋、ジヴェルニーで、クロードモネは睡蓮のサイクルを始めました。これは、モネが好きなジベルニーのコーナーです。彼は、スイレンといつもきれいな水があり、木と花に囲まれていて、ロバの背中の形をした明るい日本橋があります。

庭園の厚い緑を通して、青い空が見えます。主な緑のコントラストを背景に、花冠や睡蓮の鮮やかな白、ピンク、黄色の斑点が燃えます。しだれ柳の枝をぶら下げて堅固な壁を形成し、世界の他の場所からこの角を離れて囲みます。「私の睡蓮が何であるかを理解するのには少し時間がかかりました。絵を書くなんて考えもせずに、私はそれらを植えて、楽しみのためにそれらを育てました。



睡蓮の池 – クロードモネ