目黒、ニューフジ

目黒、ニューフジ

富士カルトに関連する2つの人工の山が目黒の地域で作成されました。富士ゴンゲン神を崇拝するための巡礼は9世紀に始まり、江戸時代には普遍的になりましたが、女性は登頂に参加せず、これは老人や子供の力を超えていました。そのため、江戸時代には、病人、高齢者、女性、そして子供たちがミニチュア富士への儀式上の昇格をすることができるように、富士山の人工的な繰り返し – 食物 – を繰り返し始めることを始めました。そのうちの一人、新富士はこのページに広重を描いた。

目黒の新富士は、富士の溶岩から作られた他の藤塚とは違って、緩んでいました。曲がりくねった道が山頂へと続いていて、山への本当の道に似ていました。義務は執筆を断念した後3133日に1733年の夏にここで死んだ修道士Siky Mirokuの名前に関連した帽子の形の岩であった。真富士からは本物の富士が見え、その下には谷に目黒不動山の寺があります。

彫刻スペースは2つの富士の並置に構築されています。彫刻の後半の印刷物に追加の色を導入すると、それはよりカラフルになります。ピンクと黄色の雲が現れ、空はピンクと赤の色合いになり、上の赤いボカシストリップに変わります。赤が四角いカルトゥーシュになります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

目黒、ニューフジ