目黒虎geake池 – 歌川広重

目黒虎geake池   歌川広重

目黒ティアガサキの丘からは、江戸南西部の美しい景色が見えます。ここからは、目黒川、水田、そして富士山がそびえている丹沢山地、ティチブが見えます。

目黒には九州の島原県知事である舞台平殿の邸宅があったことが知られています。ロムは「Dzekkeykan」として知られていました – 「壮大な眺め」、松とさくらは庭で育ちました、O-Tieにちなんで名付けられたTiegaike池に流れ込んだ池、自殺。広重を描いたのはおそらくこの大邸宅と隣接する庭園で、春先の自然の状態を非常に正確に伝えています。

この彫刻の特徴は、池の水に木の反射を移すことです。直線的な遠近法のような同様の技法は、ヨーロッパの絵画から浮世絵を彫刻することになり、完全に同化されました。現在のシリーズでは、3枚のシートで同様の手法でchiaroscuroモデリングが使用されています。彫刻の後期バージョンは、初期のものとは色が異なります。色の構成と同じ範囲で作られた – 第二に、最初のバージョンで雲の様式化された、カラフルなストライプ。ピンクと赤の色は、開花桜の木と組み合わされています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

目黒虎geake池 – 歌川広重