目黒の湯ひの丘と太鼓橋 – 歌川広重

目黒の湯ひの丘と太鼓橋   歌川広重

マグロのゲニンザックの斜面にはマグロガワ川を渡る石の橋がありました。この橋のイメージは彫刻の最前線全体を占めています。橋の正式名称はItien-Sotobashiでしたが、橋の支柱がなくても太鼓の形をしていたため、この橋の名前はTaikobashiでした。江戸には似たような形の橋がほとんどありませんでしたが、これは石でできていたのでユニークでした。

ゲニンザックの斜面が位置する標高は南西にあり、そこから夕日の美しい景色が開かれました。そのため、斜面はユヒノクとも呼ばれていました。橋の近くには目黒に3つの有名な寺院がありました。広重が描いた橋からそれほど遠くない場所に、不動不動寺がありましたが、芸術家はそれをシリーズの彫刻のどれにも示していません。丘の向こうにはメオインの寺院がありました。それは、ゲンザックの斜面に名前を与えた修道士のいるゲニンによって設立されました。

シートの右下隅、橋からの降下の近くには、レストラン「Segatsuya」の屋根が見えます。そこでは、餅つきの味噌汁を調理しました。広重は、マグロガヴァ川下流の静かで雪に覆われた風景を作り出しました。これは冬の自然の象徴的なイメージと見なすことができます。前景の丸い石の橋の柱は、後のバージョンでは灰色がかった茶色に変わります。左側の丘の根元も暗くなっています。しかし、2番目のバージョンの空は中心部で明るく、彫刻の上端近くと地平線の近くでより暗くなっています。



目黒の湯ひの丘と太鼓橋 – 歌川広重