目黒の泰光橋と雪の丘 – 安藤広重

目黒の泰光橋と雪の丘   安藤広重

地形の信頼できる画像だけではなく、特定の地形的動機の標高までの高ささえもではなく、人間がそれを体験するというプリズムを通して自然の画像の創造を屈折させ、同時に自然の状態に応じて彼らの特別な気分を作り出す広重が自ら設定したあいまいで複雑な目標。

そのような仕事は、浮世絵の風景彫刻にとっては新しいものですが、同時にその原則を完全に遵守するものであり、人間が自然の無生物の一部として現れる、記念碑的でしばしば人間の感情から切り離される北斎の風景よりもはるかに高度に対応します。

日常生活の世界へのukuye-eの指向に従って、広重は日常生活に見知らぬ人ではありません、そのために “下品な”オブジェクトはありません、その作品で人間の知覚に反映される風景のモチーフは自然とその精神の本質を理解する方法です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

目黒の泰光橋と雪の丘 – 安藤広重