目黒の元藤 – 歌川広重

目黒の元藤   歌川広重

新富士より早く、広重は前のシートでそれを示しました、元富士 – 元富士は造られました。このような建造物の外観は、巡礼者を待つことの困難さによって説明することができます。なぜなら、このためには箱根の前哨基地を通過するためのパスを取得する必要があり、上昇に少なくとも7日かかったためです。この山の高さは12メートルでした。松が斜面に植えられ、マグ​​ロガヴァ川の美しい景色を眺めることができました。斜面はそれほど急ではなかった、そしてジグザグの道は頂上に通じた、それは登り降りするのが簡単だった。山は1878年まで続いた。

山の麓には茶館やレストランがあり、桜の木が生えています。それは「春」の節と呼ばれ、木の上の葉が黄色くなると顔料が化学的に分解する可能性があることを示唆していますが、巡礼者の春の衣装は疑いの余地がありません。

おそらく、シリーズのコンパイラによると、目黒から2枚の藤塚を並べて置くことが賢明でした。後期のシート彫刻はカラーで作り直されました。前景の山々の輪郭は陰影を付けられ、背景の木のてっぺんは黄色がかった茶色がかっていて、そして土は床で黄土色です。富士山の麓は灰褐色になっています。正方形のカルトゥーシュの色が変わりました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

目黒の元藤 – 歌川広重