目黒のお茶のお茶屋さん – 歌川広重

目黒のお茶のお茶屋さん   歌川広重

丘の上からは、水室と富士山の景色を一望する、目黒川沿いを通ります。ここには不動不動に捧げられた有名な寺院がありました。目黒の地形は、富士山がそれのどこからでもよく見られたという事実のために有名でした。日本のアカマツの中で、Tyayadzakの斜面上に、Fujimityayaと呼ばれる茶館がありました。それは富士山の美しい景色を望んでいたので、茶室はその名前を得ました。彼の鷹狩りの間に3番目の将軍家光が茶室を訪問したという話も彼女に関連しています。家光はしばらくここに滞在し、彼の老婦人は彼を配偶した。この訪問を記念して、ティーハウスは「Jidzigatya」と呼ばれました。

彫刻では、それは右側に描かれています。旅行者と馬が交差する氾濫した水田の景色を眺めることができました。地平線上、富士の麓に、丹沢山地が見えます。手前の左側には小山山があります。後期版の富士山のふもとにある霧の帯は、山そのものと同じくらい明るいです。富士の美しい景色を眺めることができる旅行者の服は、より濃い色で描かれており、氾濫原の水田を背景にしています。



目黒のお茶のお茶屋さん – 歌川広重