皇室 – ジャック・ルイ・ダビデのナポレオンの肖像画

皇室   ジャック・ルイ・ダビデのナポレオンの肖像画

マスターは彼の肖像画の各モデルのための特別な表現手段を見つけた。線の滑らかさ、形の完成度、画像の素晴らしさによるこのポートレートは、古典的な完成度を特徴としています。1812年 ダビデは最後に皇帝を書いた。彼の研究におけるナポレオンの肖像は、その画像の予想外の解釈のために注目に値する。

皇帝はヨーロッパの熱心で思いやりのあるマスターとしてここに現れます:彼は一晩中働いていました、そして、時計はすでにスケジュールの次の項目を思い出させます – それは軍事レビューに行く時間です。剣を締める前に、ナポレオンは見る人に大きな一目を投げます – あなたの皇帝の生活は容易ではありません…

ナポレオンの敗北の後、かつてルイ16世の死刑判決で条約に投票したダビデはフランスを去ることを余儀なくされた。芸術家はブリュッセルに行き、そこで彼は死ぬまで住んでいました。彼は働き続けました:熱心に、しかし持ち上げることなく彼と同じ肖像画を書いて、亡命し、古代の主題に取り組みます。



皇室 – ジャック・ルイ・ダビデのナポレオンの肖像画