白樺の森 – グスタフ・クリムト

白樺の森   グスタフ・クリムト

彼は30歳以上の時に初めて、クリムトは風景画に目を向けました。彼は夏休みに自分の風景を描いた。このジャンルへのやや遅れた熱意とレッスン自体のエピソード性にもかかわらず、アーティストは50以上の風景を残しました。

多くの場合、クリムトは野外で働いていましたが、彼の風景は印象派の風景とは何の関係もありません。彼はキャンバス全体を装飾用のパターンに近い複雑な模様で覆うのが好きで、風景を人物で「盛り上げる」ことはしませんでした。ほとんどすべてのクリムトの風景画が正方形のフォーマットをしているのは不思議です。



白樺の森 – グスタフ・クリムト