白樺の森のクリーク – Ivan Shishkin

白樺の森のクリーク   Ivan Shishkin

I. シシキン著 『白樺の森の小川』は、1883年に風景画家によって書かれました。現在、写真はサンクトペテルブルクの国立ロシア美術館の視覚基金によって所有されています。この写真は楽しい白樺の森を示しています。美しい、マスト、空のどこかに行く白樺は、彼らの静けさと同時にその威厳と接近不可能性に魅了し、魅了します。私達が見るところはどこにでも、私達はどこにでも白樺のイメージを見る。そしてそれぞれのイメージは壮大で独創的な達人によって書かれているだけでなく、本質的に個性的です。

それぞれの木は、まるでそれ自身の特徴、それ自身の独特の、独特の特徴を持っているかのように。白樺の森は、密な、突き抜けられない壁によって描かれています。絵は十分な空気ではない、おそらく開放性、無限性、そして自由の感覚がないようです。しかし、これは何でもありません。絵は異なる意味、異なる審美的な内容を持っています。意味は結論付けられ、そしてある意味では、この特別な自然の力にさらに絞り込まれていて、無限の風景を示しそして広げている白樺の壁があります。背の高い木は悪天候、不平等な風、その他の惨劇から守り、守る準備ができています。風景は学術美術学校の美しい方法で書かれています。

各草アリは処方され、キャンバスは呼吸し、生命力、日光および夏の暑さで完全に飽和しています。風景は人生そのものの継続として認識されます、ロシアの性質は心からの、自由な、寛大な魂と生きている、心を感じながらロシア人の生活が持つべきものです。風景は生き生きとしていて、誠実で真実に見えます。クリークはかろうじて知覚され、一般的な周囲の緑の中ではかろうじて目立ち、野生の森林の中では自由に成長していて近づき難い草。絵はその魔法の国境、美しい国境へと遅れて急落します。絵に入り、暖かい空気の感触、心地よい草のフローリング、日光、そして暖かさを感じたいです。木の中を滑り落ちるように光がおもしろく書かれています。それはどこか明るい、どこか飽和していない、どこか柔らかい暖かい色合い、

あたかも太陽そのものに浸っているかのように、明るい部分は黄色の色合いが染み込んで酔っているようです。この風景は、流れるような流れの音のように、静かで、平和で、ゆったりとしていて心地よい、一種の静かなメロディーです。絵は私たちの目の前に落ち着いた静かな自然の状態を描きます。キャンバス上のテクスチャード加工のソリューションは特別な方法で伝えられます。白樺の表面と白樺の葉の厚い冠の両方、苛性の、わずかに学術的なストロークで書かれた草。白樺の美しさの白いキャンプは輝いているようで、夏の日を反映して、風の音を作りながら、鳥の音を呼び起こします。塗抹標本を塗るというまさにその方法は、活気に満ちた色合いの遊び、活発な物質の脈動に似ています。太陽は、白樺の葉の間の隙間を小さな粒子としてプレーします。空全体が柔らかい白樺の縁で曇っているように見えました。

遠くにある白樺は絵の中の水彩感を高め、油絵の具の層はかなり濃く塗られていますが、絵は重み付けされていたりエアレスに見えたりしません。白樺はかなり密接に、互いに近くに、逃げて遠くに後退して、遠近感の奥深くに位置しています。ここでは、より暗い、それは孤独感、静かな後悔している生活を与えます。光は水の波紋に似ており、変調を伴って流れ、光と影の不安定なグラデーション、対比のゲームを表します。私は風景を見て、その本質と肉体を掘り下げ、あらゆる静脈、あらゆる草原に興味を持ち、それに中世のロシアのストリップの自然界の素早い動き、柔らかさとソウルフルネスを見たいと思います。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

白樺の森のクリーク – Ivan Shishkin