男の肖像 – サンドロ・ボッティチェリ

男の肖像   サンドロ・ボッティチェリ

絵の構成は非常に明確です。シンプルな黄土色の背景に、暗いシルエットと若い男性の髪がはっきりとしたシルエットで際立っています。肌色は背景よりほんの少し明るくなっています。

アーティストはモデリングツールとして非常に適度に明るさと色合いを使用しています。彼は肉体的な感覚をより伝えることができる深い影を強く拒否します。彼の肖像画の光は散乱されており、そのような厳しい影を作り出すことはありません。

1888年にルーヴル美術館のコレクションに入った肖像画は、彼の主な仕事が永遠の美の具現化を見つけることであったとき、若いボッティチェリの作品を指しています。



男の肖像 – サンドロ・ボッティチェリ