男の子の頭 – ラファエルサンティ

男の子の頭   ラファエルサンティ

ラファエルのこの魅力的な肖像画は、ペルージャのマナーに特徴的な鮮度と純度に溢れていて、Morel-liを含む何人かの作家によって挑戦されています。

現在、ほとんどの専門家が彼をラファエルの初期の作品として分類し、1502年から1503年に書かれたバチカンの聖母戴冠式との彼の関係をたどっています。タンバリンとエンジェルの予備的研究とのいくつかの類似点も注目されました。A. Forlani Tempestiは、この絵がUffizi Galleryの「少女の肖像」に近いと考えています。

とにかく、人生から書かれたスケッチは、洗練されたウンブリアの伝統に完全に対応しており、その中でラファエルは高い技能の肖像画家として行動しています。質感の豊かさ、影の正確さ、自由な方法は芸術家の自信を持ったテクニックを証明します。そしてそれは観察と共にあなたが説得力のあるそして自然なイメージを作成することを可能にします。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

男の子の頭 – ラファエルサンティ