王子の音無川のダム

王子の音無川のダム

菩提コンゲン神社の近くを流れる幕府川の一帯は音無川と呼ばれていました。Lodzi Gongenの聖域は紀州のKumano Gongenに続いて建設されました。熊野ゴンゲンの神社も音無川に建っていたことが知られているので、幕府川の一部は音無川とも呼ばれていました。彫刻では、1657年に建てられたダムによって形成された滝が形成され、そのためにOtakaという名前が付けられました。

左側には、禅義山の仏教僧院キンリージが見えます。彼はすでに私たちに知られている2つの神社の仏教の守護者と見なされました。江戸時代には、徳川藩が僧院を愛用していましたが、その後放棄されて放置されました。

川の両側で花盛りの木は白くなります。広重は滝の大きさをやや誇張しています、それはもう少し控えめであったことが知られています。//水を遠くに逃げる、/梅の匂いに沈む この彫刻の初期のバージョンでは、川は水色です。海岸近くには濃い青の縞模様があります。後のバージョンでは、バンドは川の流れの中心で1つの広いものに収束します。さらに、左側の海岸と丘のパターンがより目立つようになります。



王子の音無川のダム