王子の滝原領 – 歌川広重

王子の滝原領   歌川広重

上野の山々から飛鳥山まで伸びる丘は、シュアクジガワ川を渡った。見る人は、王子地域を通る一続きの川の景色を眺めることができます。ここに存在した多くの滝のために、地形は「7つの滝」と呼ばれました。そのうちのひとつ、不動の滝は彫刻の右側に描かれています。その隣には儀式的虐待を行った巡礼者のための天蓋がありました。さらに、あなたは神Bentenに捧げられた洞窟への入り口を見ることができます、それは赤い鳥居でマークされています。聖域自体は丘の上にありました。彼の隣には、口語的にMomijideraと呼ばれるコンゴジ修道院がありました。

修道院とそれに隣接する領土は彼らのもみじで有名でした – 彫刻に示されているカエデの緋色の葉。左手には梅雨川を渡る舞王橋が見えています。そこにはもう一人の神社、王子玄元があります。その黄色い屋根は右側にある金ji寺の近くに見えます。後期シートは一般に色の明るさが異なります。彫刻の前景を占める青い縞は、初期のバージョンよりも色が濃いです。木の幹や冠は、淡い黄色の空を背景にしてはっきりと目立ち、徐々に青に変わります。



王子の滝原領 – 歌川広重