王子のアイアンツリーに変装したフォックスライト – 歌川広重

王子のアイアンツリーに変装したフォックスライト   歌川広重

彫刻はシリーズの他のシートとは異なります;それはそこに描かれている場所は完全に具体的ですが、それは素晴らしい、完全に非現実的で神秘的です。これらは、セドク町の村のすぐ近くに位置するセドクの畑で、屋上は彫刻の右側に見えています。関東地方を構成する8県の稲荷の寺院の中心となった王子稲荷の聖域は近くにありました。観客の注意を引くのは、葉の真ん中にあるエノキの木と、彼らの呼吸によって支えられていた神秘的な光を放つキツネです。

一年の最後の夜に、すべての地方のキツネが江ノ木の木の近くの王子に集まり、宮廷婦人たちの姿をとり、そしてイナリの聖域に行きました。したがって、別の木の名前は「着せ替え」を意味するSedzokuです。炎の明るい舌とライトオレンジ色の17キツネは暗い風景の背景に対して際立っています、キツネのシルエットは優雅で優雅です、彼らは名誉のメイドに変わろうとしています。他の接近しているキツネの光が右側に点滅します。

後のシートの全体的な色は、初期のものよりもずっと暗くなります。彫刻の上端に沿って通過するボカシストリップはやや広く暗くなり、空の色も豊かになり、星は明るくなります。炎は黄橙色で、暗い背景に対してはっきりと目立ちます。



王子のアイアンツリーに変装したフォックスライト – 歌川広重