王女の肖像 – ムーランからマスター

王女の肖像   ムーランからマスター

その名がまだ正確に特定されていないフランドルの芸術家は、ブルボン公爵の宮廷で働き、彼の作品の中でフランスルネサンスの芸術の特殊性を表現しました。

肖像画に描かれている少女は、注意深く引き出されて同時に窓の方を向いていますが、同時に風景の驚くほどの全体性の印象を与えています。

そのイメージは見る人の近くにあり、若い王女は祈りに没頭しています、そして彼女はロザリオを彼女の顔に通り抜けます – 深い思慮深さと切り離し。窓の外の明るく輝く景色は、この真面目な、古すぎる女の子の感動を強調しています。子供のイメージの同様の解釈は当時の技術では稀でした。



王女の肖像 – ムーランからマスター