王位に救い主

王位に救い主

このアイコンは、16世紀のヴォログダアイコン絵画の方向性の1つです。それは、小さい足と手のひらを持つ、異常に細い、キリストの姿の元の姿、そして服をモデル化する稀な方法によって区別されます。

作品の色彩の構成においては、半透明の未開封の絵の具を巧みに組み合わせたマスターの微妙な装飾的直観 – オレンジ色のミニウム、様々な色合いの黄土色、藍色、緑色の絵の具などを使った アイコンは美術館の価値のある作品です。



王位に救い主