玉川のダムに沿った桜の木 – 歌川広重

玉川のダムに沿った桜の木   歌川広重

広重は、首都西部郊外、新宿区、そして江戸に飲料水を供給するために建設された30キロの多摩川運河を描いていました。運河の終点である沖戸悦也さん。ここから水は異なる方向に木と石のパイプを通って流れるでしょう。水路のほとりには大名の所持品があり、シートの左側には内藤家の財産である内藤屋敷の入り口があります。新宿は、江戸から甲斐や信濃の地方へと続く小道街道の一部でした。

XVII世紀の終わりに、インと娯楽施設はここに現れました。やがて、内藤新宿地区は江戸で最も賑やかな地区のひとつになり、そのレストランや茶室で有名になりました。広重は運河の右岸にある機関の一つを描いた。開いた障子を通して、赤い着物姿で3人の女性の僕が見えます。

これらの場所は、美しさだけでなくダムの強化のためにここで育った彼らの桜の木でも有名でした。シリーズの後のバージョンの他のいくつかのシートのように、この彫刻では全体的なカラーパターンが強くなります。多くの部分の色合いが濃くなっているのは、青からダークグレーまで、ほぼ黒です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

玉川のダムに沿った桜の木 – 歌川広重