犬を持つ少年 – パブロ・ピカソ

犬を持つ少年   パブロ・ピカソ

1901年以来、ピカソは彼自身のスタイルでいわゆる「ブルーピリオド」を特徴付ける独自のスタイルを開発しました。芸術家は冷たい、青 – 青の範囲だけで書く。彼の絵の性格は物乞い、病気、あるいは命から投げ出された人々です。

冷たい色は作品に悲しい、時に悲劇的な音を与えます。貧困のテーマは、ピカソによる次のいわゆる「ピンクの時代」に入ります。彼の悲しみは、今ではより明るく、叙情的な色合いになっています。絵の着色は繊細なピンクとブルーの色調の組み合わせに基づいています。

芸術家はさまようサーカスパフォーマーの生活からの場面に引き付けられます。観客の前で彼らの人生は過ぎ去ります – 一種のロマンチックな魅力を欠いていないけれども、重い、貧しい人々。これらの写真における特別な役割は、親密さ、優しい愛、または友情のテーマによって演じられています。エルミタージュコレクションの小さなガッシュは、ピカソの「ピンク時代」の芸術を完全に表しています。

静かで忠実な友情は、卑劣な少年と犬を結びつけます – 彼が彼女の頭をなでる間、彼の小さい主人の足を信頼して押された賢い顔を持つ単純な雑種犬。ピカソは、その少年の薄さを強調し、体のプロポーションをややひっくり返していますが、この変形は印象を強調しているだけなので、信憑性を高めるのに役立ちます。

絵は感傷的ではなく感動的です、それは深く人間的です。細く、青白い、頭の大きな子供を、空腹でぼろぼろに身を包んだように描いて、芸術家は彼の尊厳を損なうのではなく、彼に微妙な詩を与えます。The Dog with the Dogでは、彼の芸術全体の主な特徴であるピカソの高いヒューマニズムが明らかにされています。絵画はモスクワのニューウエスタンアート州立博物館から1935年にエルミタージュ美術館に入りました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

犬を持つ少年 – パブロ・ピカソ