燃える茂みの聖母、その他の神の母の像、ごちそうと聖人

燃える茂みの聖母、その他の神の母の像、ごちそうと聖人

真ん中に – 16世紀にロシアで姿を現した象徴的な版の、燃える茂みの神の母。カザン神の母、ポクロフ、新約聖書の三位一体、悲しみのすべての神の母、サインの神の母、ミカエル大聖堂、聖ミカエルの奇跡が描かれている約16の切手があります。蛇についてのジョージ。切手の残りの部分には聖徒が選ばれています。

畑には、ペチェルスクとソシマの牧師アンソニーとテオドシア、そしてソロフキのサヴァティがあります。アイコンはPalekhのマスターのスタイルで作られた19世紀の絵画の記念碑です。図像的および芸術的興味を表します。



燃える茂みの聖母、その他の神の母の像、ごちそうと聖人