火星、金星、バルカン – Joachim Eyteval

火星、金星、バルカン   Joachim Eyteval

オランダの画家Joachim Eytevalによる絵画「火星、金星とバルカン」は古代ローマ人の神話の物語に基づいて書いた。

たとえば、一部のイタリアの都市でフルティスとして崇められていた金星は、ローマ人によって、後にAeneas Aphroditeの母親と同一視されました。写真のサイズは21 x 16 cm、キャンバスに油彩。

絵画のフルネーム「愛のゲームでは火星と金星、金星バルカンの夫に捕まえられて」。冗談のように絵の中で、芸術家Eytevalはオリンピックの神々の輪の中に不倫の風味豊かな場面を描きました。



火星、金星、バルカン – Joachim Eyteval