火星 – ディエゴベラスケス

火星   ディエゴベラスケス

古代ローマ人は、火星の火星を崇拝し、ローマ人の勝利を手助けし、繁栄と繁栄を与えました。ローマでは、彼は神の木星と共に高く評価され、あらゆる点で尊敬され、毎年恒例のカレンダーで特別な月を捧げました。この最初の春の月、古代ローマ人は敵意の発生に最も有利であると考えました。

ローマ人は火星をロムルスとレムスの父とみなしました。それゆえ、火星は彼の名誉の犠牲のもとに作られた、その町の番人であると考えられ、火星の地はローマの近くに現れ、そこで神聖な寺院も彼の名誉の中に建てられました。当時の考えによると、街を危険にさらさないために、ローマの軍隊は街の境界に入ることを禁じられていました。

火星神の聖所のしもべはサリアと呼ばれる祭司であり、そのうちの12人がいました。彼らは全員、貴族の貴族の家族から選ばれました。伝説によると、3月1日にローマの第二の王、Num Pompiliusは、盾が空の手に落ちました。これは神々のしるしと考えられています。盾はローマ軍の無敵の保証となりました。彼のモデルによると、さらに11個の盾が作成されていました。それらは神聖と呼ばれていてsaliahsに渡されました。

キャンペーンの開始前に、指揮官は火星の寺院にやって来て、彼らは神聖な盾を崇拝しました。秋が来て敵意がなくなると、神聖な盾は取り除かれ、3月1日になって初めてそれらは再び消されました。この日に、軍の装甲のsaliaは厳粛な行列を導きました。彼女はローマを動き回り、火星の聖域の入り口に立ち寄った。



火星 – ディエゴベラスケス