火星と金星が神々に捕まった – Joachim Eyteval

火星と金星が神々に捕まった   Joachim Eyteval

オランダの画家Joachim Eytevalによる有名な神話上の絵画。絵の大きさは20.2 x 15.5 cm、キャンバスに油彩。この絵の正式名称は、「オリンパスの神々によって捕らえられた愛の喜びの中の火星と金星」です。

古代ギリシャの神話によると、オリンパスのすべての神は金星と恋をしていました、しかし運命の意志によって彼女はバルカンの妻になりました – すべての神の中で最も熟練した、古くて醜い この結婚は、どうやら、そして愛する女神ビーナスをあらかじめ決めました。多くの神話は、彼女が火星、水星およびディオニュソスを含む他の神から子供を産んだことを示しています。



火星と金星が神々に捕まった – Joachim Eyteval