湯島の天神神社の丘からの眺め – 歌川広重

湯島の天神神社の丘からの眺め   歌川広重

冬の風景は、Sinobadzu noike池を見下ろす視聴者の前に広がっています。島の池の真ん中には幸福の7つの神のうちの1つであるBenzaithenの神社がありました。右側の反対側の岸には、上野山にある漢江寺の赤い建物があります。見物人はYusim TenzinまたはYusim Temmanguの聖域の隣の丘の上にあり、入り口には石の鳥居があります。それは1478年に神格化された平安菅原の道山時代の学者に捧げられています。

聖域は2つの梯子によって上ることができる高い丘の上にあった。そのうちの1つ、より平坦なものは、女坂と呼ばれ、池の側面から聖域への入り口へと続きました。もう一方の、より急な、otokodzakaと呼ばれていた、それは前景の右側の彫刻に表示されます。湯島天神は、たくさんのレストラン、お茶屋、娯楽施設に囲まれていました。左側の鳥居の外側には、茶屋の屋根があり、その下に赤い提灯があります。後のバージョンでは、地平線上の夕日の赤い光が徐々に青に変わってから濃い青に変わります。初期のバージョンは、シートの上端にあるストリップの色によって区別され、紫茶色の色合いをしています。



湯島の天神神社の丘からの眺め – 歌川広重