湖のある風景 – カミーユコロー

湖のある風景   カミーユコロー

無限に表現力豊かな絵画コロ。彼は彼自身のスタイルを作成しました、そしてそれはそれから彼の同時代人の数十を模倣しました。彼の自由と単純さのおかげで、彼の絵のほとんどはスケッチのように見えます。しかし調和はこの容易さの後ろに隠れています。エルミタージュの風景では、木の枝が開いて湖の遠くの景色が見えます。枝が絡み合っている暗い翼と明るい楕円形の開口部の明確なバランスが、ほぼ古典的な構成を生み出しています。

絵画の塗料はやや暗くなり、そのシルバーグレーの色調の移行の本来の豊かさを失いました。しかし、これでもキャンバスの端から中央にかけて徐々に明るさが増す効果を損なうことはありませんでした。ほぼ黒いトランクのシルエットと濃い影が徐々に光の束の輪郭を広げていきます。湖のほとりに静かな村の距離で外観で終わっていません。

これは、最も詩的でキャンバスの一部であり、コロト、絵のような自由、そして心からの新鮮さなど、あらゆる風景でコローが望んでいたものの具体例として、不可欠な叙情的な線の自然なフィナーレとして生じます。写真はレニングラードのユスポフ宮殿博物館から1925年にエルミタージュ美術館に入った。



湖のある風景 – カミーユコロー