港区神社サンクチュアリ、天保堂の稲荷橋 – 歌川広重

港区神社サンクチュアリ、天保堂の稲荷橋   歌川広重

前景には、広重が2つの商船のマストを描き、そこからイナリバシ橋とハッテボリ運河が見えます。多数の人工水路は、その上にマリーナを設置するには不十分なEdosky Bayの深さによるものでした。船は道路に積み降ろされ、物資を船に積み込んで倉庫の停泊所まで運んだ。

倉庫の建物は広重の版画では常に見分けがつき、漆喰の壁の白さが特徴で、同じプロジェクトに従って建てられています。ここには、関西地方の米、酒、酢、塩、ソースなどが運ばれてきました。ハッテボリ地区には、エリカの小職員、すなわち市役所の職員と最下位の武士の家がありました。彼らの家は、彫り物の左下隅にある赤い門が見える、湊稲荷 – 神社保護区の左側に描かれています。大衆的なスピーチでは、彼はNamieke Inariと呼ばれていました。それは彫刻の名前で示されたTappozzuの浅瀬に置かれました。

砂州はKebasigawa川とSumidagava川の合流点に位置していた。初期の2つの前景船のマストの色は同じではなく、そのうちの1つは黄色、2つ目は灰褐色です。後半の彫刻では、両方のマストの色は濃い灰色です。はしけの貨物の色も変わります。地平線の真っ赤な空が灰色 – 青に変わり、一番上の濃い青のバーに変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

港区神社サンクチュアリ、天保堂の稲荷橋 – 歌川広重