深川の木材倉庫 – 歌川広重

深川の木材倉庫   歌川広重

江戸の家は木造だったので、やけどしました。大規模な火災の後、焼けた家を取り戻すために森林が必要でした。bakufuの政府の形成の後で、最初の卸売森林店はAosan Bori運河のほとりのEdoze城にありました。しかし、都市の拡大と火事の可能性により、1701年に爆風は深川に移動するよう命令した。深川木場がここに登場。その周りにダムが建設され、6本の運河が掘られ、その中に10本の橋が架けられました。家はダムの上に建てられました。

丸太は運河に接続された人工の池に保管されました。それらは特別な人によって導かれたいかだとして目的地に届けられました – 黄色のわらマントのキャバン、それらのうちの2つ、彫り込みで見ることができます。広重は素晴らしい冬の風景を描きます。シートの手前の雪に覆われた丸太は、雪で覆われた家、木、深川のいかだが見える枠を作ります。

前景に – 象形文字「よ」 – 「魚」が刻まれている竹傘、これは出版社Uoy Eykichi – 「Woy」の名前の最初の構成要素です。ボサシの濃い青の縞模様は、ISAEN後期のシートのチャンネルの中心を通り、その曲がりのように強調されています。前景の竹傘は、初期の葉ほど明るくはありません。正方形のカルトゥーシュの色も変わります。



深川の木材倉庫 – 歌川広重