深川の三十三間堂 – 歌川広重

深川の三十三間堂   歌川広重

三十三間堂 – 三十三漢の寺院。この寺院のギャラリーの柱の間に33回のフライトがあり、スパンの間の距離は1ではなく、2つのカナンでした。このように、寺院の長さはたった7メートルの幅で、ほぼ120メートルでした。このギャラリーは彫刻の前景に描かれています。深川にある寺院は、1164年に白川皇帝の殿堂として京都で建てられた同名の寺院をモデルにして建てられた。

寺院の西側のギャラリーはアーチェリーの競技に使用するようになりました。寺院の間にわずかな違いがありました。京都の寺院の中には菩薩千住観音の1001の彫像がありました。深川のお寺の中には千住観音の像が一つだけあった。たぶん、その主な目的はトシヤ大会を開催することでした。

寺院の裏側、背景には、彫刻が茶館と寺院の敷地への入り口を示しています。後のバージョンでの色の変化は樹冠の縁に沿って暗い輪郭を得た木の色だけに影響を与えました。アオロティ、寺院に沿って首のシルトの色は、茶色に変わる複雑な緑色の色合いを持っています。



深川の三十三間堂 – 歌川広重