深川のマンナム橋 – 歌川広重

深川のマンナム橋   歌川広重

深川は、江戸の南東郊外にある地域の名前です。女木川運河と隅田川の合流点には、万年橋と呼ばれる橋があり、これは「10万年」または「長寿」を意味します。7月中旬、日本は解放の祝日を祝っていました。彼は仏教徒でしたが、神道でも祝われました。

この日に、鳥、魚とカメを解放しました。彫刻に見られるように、それらはMannenbashiを含む川のほとりで売られました。カメは長寿の象徴と考えられていたので、これは明確なパターンでした。この彫刻では、広重はプランマッチング技術を使用しています。風景とは対照的に、カメの姿は葉の前景を占めています。橋の桟橋と手すりは彫刻のための一種の枠として機能し、そこを通ってスミダガバ川、大名邸宅、丹沢山脈、そして富士山が一望できます。

景観は、平和、バランス、そして調和を醸し出しています。後のバージョンの右側のフレームの濃いグレーの色は、彫刻のスペースの深さを増やします。正方形のカルトゥーシュの色も変わります。彫刻の2番目の計画はより暗くなり、水の端に青い縞模様の影が付きます。



深川のマンナム橋 – 歌川広重